イベント

【クリスマスツリー】大きさの目安は?マンション&リビングにおすすめのサイズ!

みなさんこんにちは!セツコです!

ハロウィンがおわり、街はクリスマス一色になりましたね!

今までクリスマスツリーを飾ったことのないお家でも、今年こそはクリスマスツリーをと考えているかも知れませんね!
しかしいざクリスマスツリーを飾ろうと思っても、自分の家の広さに見合ったツリーってどんなものか想像はつきにくいもの。

今回はお家のリビングやマンションにオススメのツリーをご紹介します!

クリスマスツリー 大きさの目安は?

クリスマスツリー、いろいろなサイズがありますね。
家に飾るツリーの一般的な大きさは

  • 90センチ
  • 120センチ
  • 150センチ
  • 180センチ
  • 210センチ

が主流となっています。
床に置いて飾るツリーで特に人気なのは120センチ~180センチです。

それぞれの大きさの目安を見てみましょう!

120センチのツリー

小さい子供がいるお宅は、お子さんの身長を目安にすると良いですね。
ちょうど幼稚園の年長前後くらいのお子さんと同じくらいでしょうか。

お子さんがまだまだ小さい場合はこのくらいの高さでも、子供にとっては十分見上げるような大きさで迫力がある大きさです。
しかし小学生にもなると120センチのツリーはあっという間に見下ろす形になります。

子供目線でツリーを選びたい方はこの120センチサイズから始めるのがオススメです。
コンパクトで収納も困らない上に、安価なものが多いので買い替えもしやすいです。

ハーフツリー

こちらは面白いですよ!!!
ハーフサイズで、ツリーの前半分しかないんです!!

これだと、ツリーを壁にピタっと飾ることが出来るので、とっても省スペースになります♪

 

 

LEDライト埋め込みツリー

こちらは、LEDライトがツリーの中に埋め込まれているので
今までのようにコードをぐるぐるっと巻かなくていいんです!

小さなお子さんやペットがいるご家庭には、引っかかる心配などないのでオススメです♪

 

 

 

150センチのツリー

150センチは大人の女性と比較すると分かりやすいですね。
成人女性の平均身長は158センチくらい。私の身長も158センチなので、ちょうど目線の高さがツリーのてっぺんになりますね。
幅も90センチ前後になるので、圧迫感もそこまで出ません。

アパートや賃貸で限られた場所に飾りたい!
けれどいつかは引っ越す予定で置き場所も変わる・・・
という方はこの大きさがオススメです。

北欧 ナチュラルツリー

松ぼっくり付きのツリーは重心も低く存在感があります。
ナチュラルな雰囲気でどんなインテリアにも馴染みそう。

 

180センチのツリー

180センチと言えば成人男性の平均身長よりも高めです。
女性でも見上げる形になりますが、下の方にボリュームが広がるために思ったほどの圧迫感はなさそう。

日本の家屋の平均的な天井高は230センチくらい。
部屋に対しての高さのバランスは、180センチが1番美しく見えます。

ただしツリーは高くなるほど幅が広くなるので、この大きさだとやはりスペースには余裕を持った方が良さそうです。

とはいえそのボリューム感高級感クリスマス感はもっとも満足できるサイズが180センチだと思います。

大きな家具があると末広がりなツリーは埋もれがちなので、思い切ってこれくらいの大きさもおすすめです。

ブリッスルコーン

丸みを帯びたフォルムがおしゃれなツリーは180センチの高さに負けないボリュームで存在感たっぷりです。

 

マンションにおすすめサイズ

マンションやアパートなど、限られたスペースではどのくらいのツリーが良いでしょうか。
あなたのお部屋の間取りや広さを想像して選びましょう。

3LDK程度のファミリー向けのマンションは縦長と横長のリビングを見てみましょう。
縦長タイプのリビングは平均10畳程度の広さ。
横長タイプでは13畳~16畳が最も多く採用されています。

天井は法律では210センチ以上と決められていますが、マンションの天井高は240センチが平均的です。

このリビングから想像すると、広さが10畳ほどのマンションのリビングでは150センチのクリスマスツリーがオススメです。

クリスマスツリーは末広がりになっていて150センチのクリスマスツリーだと約95センチほどの幅になります。

 

 

横長リビングでは13畳~16畳と広さがあるので、180センチのクリスマスツリーがおすすめです。

180センチのクリスマスツリーの幅は約110センチ。
広めのリビングなら他の家具にも負けない存在感と高級感が得られるでしょう。

240センチの高さに対してもちょうど良いバランスになります。

 

 

あまり広さは確保できないけれど、クリスマスツリーを主役に存在感を出したいのならスリムタイプがおすすめです。
一般的なマンションの部屋の高さから180センチを選びたい方でもスリムタイプなら場所を取らずに飾ることができます。

 

 

リビングにおすすめサイズ

ある程度広さのあるリビングには180センチ以上が断然オススメ
背伸びして椅子にのって飾り付けを楽しむのもいいですよね。

市販されている最も大きいサイズで多く流通しているのが180センチのクリスマスツリーです。
ツリーは三角形で重心が低いので、この高さのツリーだとぱっと見た感じツリーの上部3分の1が目線の高さに収まり、最も見栄えが良い大きさと言えます。

180センチって長身の男性くらいのサイズで圧迫感があるかと思いきや、実はそうでもないんですね。
上の方は細くなっているのでそこまで圧迫感を感じません。

逆に広いリビングなどで150センチでも十分だろう・・と思っていると、なんだか物足りないことになってしまうことも。
広い場所に置くのならドーンと180センチ以上のツリーを選びましょう。

間取りにも寄りますが、15畳~のリビングにおすすめです。

180センチの一般的なツリーは幅も110センチほどになるので縦長のリビング置き場所に悩んでしまう場合はスリムタイプを選びましょう。
スリムタイプなら家具と家具の間や壁に寄せておいてもスッキリと見栄えがよくなります。

末広がりのボリュームが気になるようなら、台座付きのクリスマスツリーを選ぶと足下はスッキリとしたシルエットになり、高さの割に邪魔になりません。
150センチのクリスマスツリーを台の上に置いて高さを出しても良いですね。

 

あわせて読みたい
クリスマスケーキ2018新作!通販で美味しいオススメ人気ランキング!こんにちは!セツコです。 いよいよクリスマスに向けてケーキの予約が始まってきましたね! どこのショップも毎年定番のものから、真新...

 

まとめ

せっかくのクリスマスですから、クリスマスツリーが主役になるようなインテリアにしたいですね!
早めに準備したとしても1ヶ月半程度の期間です。

我が家120センチほどのツリーを昨年まで飾っていましたが、やはりダイニングテーブルや子供のおままごとキッチンなどに埋もれ「なけなしのクリスマス感」でした・・。

子供が小さかったので、倒れてもダメージの少ない大きさで安全っちゃ安全でしたが。。。
小さなツリーではキチンとしたクリスマスインテリアにはならずテンションがあがらなかった記憶があります。

なので思い切って大きめのクリスマスツリーを購入しても後悔しません

最近ではオーナメントがセットになっていたり、コンパクトに収納できるものも増えています。
お子様の成長やライフスタイル、あなたの家の広さや間取りに合ったツリーがきっと見つかります♪