イベント

節分2019恵方巻きの方角や由来はいつから?正しい食べ方で開運!

みなさんこんにちは、セツコです!
恵方巻きと言えば、その年の開運を願って決められた方角を向いて食べる・・・
となんとなく馴染みがあるのではないでしょうか。

 

最近ではデパ地下からスーパーのお総菜、コンビニでもそれぞれが拘った恵方巻きを発売しています。
【開運】にのっとったイベントではあるけれど、

  • その由来は?
  • なぜ毎年方角が変わるの?
  • 食べ方にルールはあるの?

と、日本の伝統文化なのに分からない事ばかりですよね。

今回は恵方巻きの由来を紐解いて、正しい知識を分かりやすく説明していきたいと思います!
正しいやり方で節分のイベントを楽しみ、開運をゲットしちゃいましょう。

節分2019恵方巻の方角は?

2019年の恵方(その年の1番良いとされる方角)は東北東です。
恵方には金運や幸福の神様がいると言われており、なぜか毎年場所を変えられます。

しかし1年の内はその方角にいるので、恵方巻きを食べるときだけではなく、
お参りするときや、何か新しいことに挑戦するとき、今年はこの東北東を意識するようにしましょう。

この恵方を決めるのにはルールがあって、毎年誰かが占って決める・・のではなく十干(じっかん)と呼ばれる中国式の風水のようなものを基準にしています。
その年の西暦の末尾の数字によって恵方が決まります。

【西暦の末尾の数字】
2・7…北北西
4・9…東北東
1・3・6・8…南南東
0・5…西南西

と言う風に決められています。
16方角から決められているのかと思いきや、この4方角だけなんですね。

ちなみに、2020年は末尾が0なので西南西が恵方となります。

節分の由来とは?

恵方巻きは、江戸時代から明治時代にかけて大阪の商人が節分をお祝いしたり、商売繁盛を願って始まったことだと言われています。
主に花街と言われる歓楽街界隈で遊女や芸子たちが、芸遊びをしながら食べていたのだとか。

このときはまだ恵方巻きという呼び方は主流ではなく、【太巻き寿司】【丸かぶり寿司】と言われていました。
それが時を経て平成元年、大手コンビニエンスストアセブン-イレブンがその昔の限定された地域での風習を耳にし、一部地域のみで【恵方巻き】として売り出しました。

すると瞬く間に大ヒット!あちこちで恵方巻きが販売され、毎年の恒例行事となりました。
その年の運の良い方角(恵方)に向かって食べるから、恵方巻きとなったそう。

 

確かに、太巻き寿司や丸かぶり寿司だとあまりイベント感ない・・というか、日常的に手に入りそうですよね。
恵方巻きと言う名前だけは現代になってから付けられたものの、
恵方に向かってたべたり、幸福の七福神にちなんで7つの具をいれたりと言うのは昔からの風習です。

また、丸かぶりすると言うのは幸福や商売繁盛を一気に取り込むという意味が込められています。

恵方巻の正しい食べ方で開運!

恵方巻きの食べ方と言えば、色々な謂われがありますね。
無言で食べた方が良い、太さが決まっている、目を瞑って食べる、
など、なんだか細かいルールをたくさん耳にします。

どうやって食べればご利益を得る事ができるのでしょうか。
確実に開運を得られる恵方巻きの食べ方、守るべきポイントは3つあります。

 

ポイント①恵方を向く

恵方巻きの基本ですね。
その年の恵方を向いて食べましょう。

恵方には神様がいらっしゃると言われています。
決してよそ見なんかせず神様に幸福を訴えかけるように食べましょう。

よそ見してしまうと、ご利益を得ることはできません。

ポイント②一気食いする

恵方巻きはご丁寧に切り分けたりせず、一人一本、一気に食べきりましょう
途中で休んだり、お茶を挟んだりするとご利益を得ることができません。

恵方巻きってなかなかのボリュームですから、気合いが必要です。
食べきれる自信の無い方は、細めに巻いたりするのはアリですよ。

ひとくちガブッといったら、最後まで一気に食べすすめましょう
今年の幸福が全てこの一本に詰まっていることを意識して、一呼吸すら惜しむ勢いで
幸福を逃さず食べきりましょう。

ポイント③お喋り厳禁

恵方巻きを食べ始めたら、食べ終わりまで決してお喋りしてはいけません
恵方を向いて神様と向き合っているわけですから、神様の目の前でお喋りはご法度

恵方巻きを食べている間は神様と通じてるというイメージで、神聖な気持ちで食べましょう。
家族や友達、ひとりだとしても、一方方向を向いて恵方巻きを無言で食べ進む画はなかなかシュールですが(笑)

これも幸せを取り逃がさないためのルールです。

まとめ

いかがでしたか?
恵方巻きというイベントが全国的に主流になったのは、比較的最近のこと
しかしその由来は古く、主に商売繁盛を願ったのが始まりでした。

他にも色々な説があらゆるところで議論されていますが、幸福を願う儀式であるのは変わりありません。
その年の運気の良い方向、恵方は毎年変わりますが、その方向に神様がいると思うと気持ちが引き締まりますね。

今年の恵方は東北東、みなさんも正しい食べ方で1年の幸福を願い、恵方巻きに挑戦してみては?